カウンセリングとは

このサイトでは、心理カウンセリングに関する詳しい情報を紹介しています。その1つに家族療法がありますが、一体どういうものなのかやどんな役に立つのかといったこと等です。カウンセリングには共感的理解が必要となりますが、どうして共感的理解が必要なのかや心理療法とはどう違うのか、実際に診療を受ける際の具体的な方法などを詳しく紹介します。それからどのように支援を受ければいいのか等、実際に知りたいと思う知識を紹介しています。

心理カウンセリング「家族療法」とは

心理カウンセリング「家族療法」とは 心理カウンセリングの1つに、家族療法と呼ばれる手法があります。患者本人だけではなく家族も対象とする心理療法のことをいいます。様々な問題の根幹は本人だけではなく、身近な人にも関係していることが多くあります。一緒に暮らしていると関係が近すぎるので、問題に気付いてないケースも多くあります。親子関係や兄弟姉妹、配偶者との関係が上手く行っておらず、問題を抱えているケースは決して珍しくありません。それを心理カウンセリングによって、問題の本質をあぶり出していきます。心理カウンセリングを受けたことで、親や子供、配偶者に対する思いを自覚したということもあります。そして新たに健全な家族との関係を築くことで、心の問題も解決していくという方法になります。

心理カウンセリングを学ぶ

心理カウンセリングを学ぶ 精神的な不調があるときは、投薬による治療で良い改善を得られることも多くなっています。とはいえ、一時的に症状が軽くなっても、心に悩みを抱えている人、大きなストレスを感じている人は薬だけでは十分な改善を得られない場合もあります。そこで、薬による治療だけではなく心理カウンセリングを利用する人も増えています。カウンセラーと対話をすることで、心に抱えている問題を解決し、つらさを解消することを目指します。心理カウンセリングは相談者にアドバイスをするだけではなく、相談者が抱える問題に気づけること、理解を深められることも大事ですのでコミュケーション力も必要です。 将来、カウンセラーとして活躍したい、心に悩みを抱える人の助けになりたいと考えている人も多いのではないでしょうか。プロのカウンセラーになるためには、豊富な知識や技術力も必要です。独学だけでは技術や知識の習得だけでは難しいものがありますが、最近はカウンセリングを学べる学校も増えてきました。 学校により授業内容や講師の質、雰囲気などはそれぞれ違いがありますので、入学前には情報はしっかりと調べておくことが大切です。迷ったときは、体験入学に参加するなど、実際に学校に訪れることも考えてみてはいかがでしょうか。

カウンセリングの情報サイト

本町 心理カウンセリング