心理カウンセリングの主な方法

心理カウンセリングの主な方法

心理カウンセリングの主な方法 "心理カウンセリングの主な方法には、傾聴や沈黙、うなずきやあいづち、繰り返しや承認、保証や要約、質問や助言など13種類があります。
いつも13種類行うのではなく、心理カウンセリングを受ける人の様子や状態、タイミングやどのように心の問題を取り除いていくかによって使用していくものです。
傾聴や沈黙は相手が話をしてくるのを待つことが重要であり、途中で口をはさんだり反論したりしてはいけません。
あくまで相談している人が思っていることを言いきるのを待つことが重要です。
さらに要約は相談者が言ったことを心理士が的確に短くまとめ整理し、再度伝え返すことを指しています。
この要約もまた重要であり、カウンセラーが要約することによって生理をすることができ、自分自身を見つめ返すきっかけとなることが多いです。
心理カウンセリングよりもさらに追及し、心の深い部分に水準をあてた方法には、心理療法や精神療法、心理相談やコンサルテーションがあります。"

心理カウンセリングのサポートを得る重要性

心理カウンセリングのサポートを得る重要性 現代は便利な世の中になってきて生活しやすくなってきてはいるものの、それと同時にストレスを抱える人もとても増えてきています。
ストレスの積み重ねや環境の変化などが原因で、うつ病をはじめとして様々な精神的な病を持つ人も少なくありません。
精神的な病を抱えるようになり「仕事がまったく楽しくない」「何をしていても楽しい、と感じなくなりむしろ悲しい感情や不安な気持ちが付きまとう」あるいは「心配で夜眠れない」といった症状がみられたなら、できるだけ早めに心理カウンセリングのサポートを得ることが重要です。
心理カウンセリングのカウンセラーは、患者さんの話に真剣に耳を傾けてくれて、不安な気持ちやネガティブな感情をしっかりと受け止めてくれます。
そして患者さんにひとりひとりに合った治療を行ってくれます。
専門医のサポートを得ることで、以前のように活き活きとした生活が送れるようになりますし、生きている喜びも味わえることでしょう。