支援を受ける方法

支援を受ける方法

支援を受ける方法 心理カウンセリングは、主に対話を通じて相談者の悩みや不安などをカウンセラーが聞き出し、問題点の整理をしたり、解決のための助言を行ったりといった各種のサポートを提供するものです。
心理的、あるいは社会的ストレスを受ける機会が多い現代人にとっては、精神のバランスを取り戻すうえでの助けとなってくれる存在です。

心の悩みを取り扱うというデリケートなサービスであるためあまり知られていませんが、実は心理カウンセリングの支援を受ける方法はたくさんあります。
まず身近なところで言えば、公的な機関が運営する精神衛生相談室がこれに当たります。
各地の保健所や、都道府県立の精神保健福祉センターなどに設置されています。
同様の施設は、職場や学校などにもあります。
企業の産業医は従業員の精神衛生にも一定の措置を講じる権限を有していますし、保健室にカウンセリングルームを併設した大学なども少なくありません。
その他、カウンセラーが私的に運営しているサロンなどもあります。
電話やメールなどで予約し、知人宅に招かれたようなリラックスした環境の中で相談に乗ってもらえます。

心理カウンセリングするための資格について

心理カウンセリングするための資格について ストレスの多い社会なので、心理カウンセリング受ける人も多いです。
心理カウンセリングをする人を心理カウンセラーなどともいいますが、どういった資格が必要なのか知らない人も多いです。
絶対必要なものというものは存在しませんが、取得する過程で学べることもたくさんあります。
学校などにいる心理カウンセラーは臨床心理士を持っています。
さらに受験のためには、協会指定の大学院を出ていることと医師の免許も必要になってきます。
臨床心理士は心理の専門家としての知識があることを証明できるうえに、5年ごとに更新をする必要があります。
会社などで活躍している産業カウンセラーは民間が行っている試験になります。
こちらも試験を受けるために、協会の講座を受講をしたりたり大学院研究科で心理学の単位を取得しているなどの条件があります。
心理学において国家資格は公認心理師だけです。
受験するためには、大学で必要な科目を修めて卒業しているうえに特定の施設での実務経験が必要です。